元女子美大教授、佐々木宏子さんが2016年に代官山ヒルサイドフォーラムで行った展覧会・シンポジウムのドキュメンタリービデオの撮影と編集を行いました。

———————————-

<青のあいだ>は精神性を重視した象徴的な捉え方の造形美であり、強靭なものをひらがなの「あいだ」で現している。
1965年20才の佐々木はルチオ・フォンタナ<空間概念>有から無に触発され、以来半世紀、<青のあいだ>無から有の造形に向かう。
コバルトブルー顔料一色、一つの技法、天地を暗示する一つの形で極限まで削ぎおとした抽象表現で希有な芸術領域に到達。
<青のあいだ>「青の精神—無から有」タブローとマニフェストを初個展で発表。カタログ(パリ国立図書館蔵1977年)に<青のあいだ>の造形思考「無意識的な自然と意識的なもの[Unconscious Nature and Conscious Object]」を表明。
<青のあいだ>の異素材・異技術・異表現の中で最初に挑戦したのが1976 年に発表したガラスオブジェであった。
美大で基本と精神を重視した先端的美術教育の現代造形専修を立ち上げ実践。 OKUSAWA CONTEMPORARY ART AND DESIGN DOCUMENTS (www.okusawa-documents.com)(2012-2013年)では、ジャンルを超えて全10回の企画展を開催、プロデューサー、ディレクターとして現代美術の啓蒙活動をおこなった。

会期 2016年5月31日(火) − 6月12日(日)
会場 代官山 ヒルサイドフォーラム
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町18-8 代官山ヒルサイドテラスF棟1F map
開館時間 11:00-19:00 入場無料
主催 佐々木宏子展実行委員会
後援 渋谷区教育委員会
認定 公益社団法人企業メセナ協議会
協力 株式会社クサカベ 株式会社山田写真製版所
特別協力 一般財団法人佐々木宏子財団 www.sasakihirokofoundation.jp
関連事業 シンポジウム「芸術・科学・コンストラクション」 全2回 要予約 定員各60名 ご予約はこちらから

作品集出版 佐々木宏子『青のあいだガラスオブジェ・タブロー・モノローグ』 日伊仏英4ヶ国語併記
カラー68P 誠文堂新光社発行